top of page

お勧めの本「モンテッソーリ」

更新日:2021年1月13日

藤井聡太7段がこの教育を受けていたことで有名になったモンテッソーリ教育、海外の大統領や大企業の社長などは小さな頃に受けていた方は多くいます。 私自身が自分の子供と接する中で、どう彼らに必要な伝えていくべきなのか、どうすれば自立(自律)していくのかをいつも考えていました。 けれど、本当に思うようにいかなく大人を教育するわけではなく、小さな子供を思う方向に導くことがどんなに難しいことか悩んでいました。 息子に「僕は喋らない子でゴメンね」って、これは本当に私の接し方が悪すぎた結果だと本当に反省しました。 そんな時に出会ったのがモンテッソーリ教育でした。 本当に一番大切なことは子供をちゃんと見ること(観察)で、親がどうしたいではなく、子どもがどうしたいのかを理解し、それに対して親は少しだけサポートするだけでした。 子どもを成長させたいと思うことが、息子の成長を止めていたと反省し彼の訴えをよく聞くようにしていきました。 今の彼は、だまれと言ってもしゃべり続ける、学校が終わって帰ってきてもパパの相手はしてくれず直ぐに友達と遊ぶようになりました。 過干渉にならず、見守ること、親はそれだけですね。




閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page